*

いざというときのはなし

公開日:: 最終更新日:2017/09/01教務課

 

「日本人の生命保険好き」は有名な話で、加入率や保険料の支払い額は先進国の中でもダントツに高いらしい。

リスクを予測して、顕在化したときに対処できるよう保険をかけておくというのは国民性なのだろうか。

しかし、自分自身「保険料を払っておけばそれで安心」と思ってやしないだろうかとも考える。

 

 

 

もしも、ミサイルが本土に落ちることが分かれば、即座に迎撃できるだけの保険は二重にかかっているそうだ。

海自のイージス艦と空自のPAC3なるものが、いざとなれば撃ち落としてくれることになっている。

 

先日のアラートは、ミサイルがその瞬間に加速をやめれば日本に落ち、加速し続ければ通り過ぎるという瞬間に鳴ったそう。

そして、鳴った次の瞬間、加速している、つまり、通り過ぎることが分かり、迎撃しなかったそうだ。

 

 

 

ちなみに、うちは夫婦ともにガラケーなので、Jアラートは鳴りません。

(妻は隣のお宅から警報が聞こえたそうですが、私は全く気付かなかった!)

 

自衛隊が守ってくれるだろう、例え逃げても間に合わないだろうなどと平和ボケしている私。

後頭部を鈍器で殴られたようなニュースを目にした。

 

仙台では、Jアラートがなった瞬間、パジャマのまま一目散に地下鉄の駅に飛び込んだ方が多かったそうだ。

震災の記憶が色濃く残る仙台の方々は、なりふり構わず逃げることが大切だと身をもって知っているのだ。

 

もし、地下や頑丈な建物が近くにないときは、窓やベランダから離れ、浴槽などに伏せるのが正解らしい。

 

 

 

いくら保険をかけていても、いざというとき「自分の身は自分で守る」という意識が大事。

防災の日、9月1日。

日頃からの準備、一瞬の判断や行動が生死を分かつことも。

今一度、防災について考えようと思います。

 

 

しかし、信号待ちの停車時に、後ろから追突されるリスクまでは予測できまい。

家庭教師のコーソー  教務課 イシイ

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

来年は

来年の2月上旬には3~4匹の子犬が産まれる予定です。 大変な事になるなぁ~。   家庭教師のコーソー    教務

記事を読む

SKI

先日、同僚のK崎さん(53歳)と今シーズン最後のスキーに妙高へ行ってきました。 帰り道、最近テレビでも取り上げられた、とん汁ラーメンを

記事を読む

プロ野球開幕まであと約1週間!!

今、プロ野球は開幕に向け最終段階のオープン戦が行われています。 開幕まで約1週間。 野球好きの私にとっては、とてもワクワクする時

記事を読む

FIFAワールドカップ2014 優勝予想

来年はいよいよワールドカップサッカーの本大会がブラジルで行われますね! 6月に行われるそうで、サッカーファンのみならずいろんな方が、ど

記事を読む

リズム

  テレビやラジオの改編時期が来た。   深夜ラジオの録音を聴くことで生活のリズムが成り立っている私に

記事を読む

プロ野球…

今シーズンも残り10試合弱で終了いたします。   広島カープとソフトバンクホークスのファンの皆さん本当におめでとうござ

記事を読む

1日の始まり(; ・`д・´)

北海道は晴れた日が続き夏の訪れが感じられます。     しかし、暖かくなると鳥たちが電線の上に、たむろ

記事を読む

ハゼとタコとK崎さん(52歳)

すっかり涼しくなり、好きの秋刀魚を食べると秋だなと感じるこの頃です。 昨日は毎年秋の恒例行事であるハゼ釣りに行ってきました。 も

記事を読む

ラジオについて

深夜ラジオが好きだ。   なぜか私の部屋はradikoに関東と判定されているので、ニッポン放送やTBSラジオからint

記事を読む

理科の学習

雪国に住む私たちにとって、雪との戦いは生活の一部になっています。 新潟の冬の道路を雪から助けてくれるのは、「消雪パイプ」です。

記事を読む

  • 平成10年10月1日に新潟市でうぶ声を上げ、以来、延べ10,000名以上の小中学生を指導し、成績向上のお手伝いをさせて頂いております。
    これからも地域に密着した指導を目指し、教育と言う新しい提言とサービスの向上を目指します。

    新潟本社 TEL : 025-240-8055
    秋田支店 TEL : 018-887-5439
    札幌支店 TEL : 011-751-5961

PAGE TOP ↑
ログイン