*

んーーーーーー

公開日::学習アドバイザー

こんにちは。

暑いけど、とても雨が多い夏です。

本来の夏のイメージがどんどん崩れ、地球が悲鳴をあげているかのようです。

 

先日、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で肝移植で世界一の手術数をこなし、

生存率90%以上を誇り、世界各国から移植手術の依頼が殺到している

高名な外科医の回を観ました。

生後僅か一年に満たない赤ちゃんが、肌色の悪いとても小さな身体を

存命の為の器具で守られながら、臓器移植以外助かる道がなく、

臓器提供者が現れるのをただただ待つしかない。

この子の親にとっても、もっと想像すれば提供するような状態になってしまった本人と

その身内の残酷さ。

 

ドナーの意思表示をする人を、常々尊敬を通り越した驚きで考えてきました。

もっと云えば、そのドナーの身内に対してへのその思いの驚き。

自分の大切な人の身体がバラバラにされる、死後の世界があるのかないのか判らないが、

身内の内側の殆どが無い状態でそこに存在することになるのかもしれない・・。

「存在」は残された者の記憶と心にあるもの、死んでしまったら、そこまでは考えず、

その人の思い出を大切に愛し続けなければ、その故人は幸せ、

などと自分に言い聞かせてきたが、やっぱり割り切れないままでいます。

 

もっと言えば、自分の女房が死んだら墓に入れることが出来るだろうか?

墓に埋葬することに未だに疑問と抵抗を持っています。

遺骨を自分の側に安置していては駄目なのか?成仏するとは根本なんなのか?

大切な遺骨は、やっぱり外で他人に任せるようなことはしたくないよな・・・。

 

話を戻しますが、その赤ちゃんの臓器移植出来るドナーが奇蹟的に現れた

(その人と家族には残酷な結果)。

だが、その子の優先順位は2番目。

脳・各内臓・あらゆる使える(生きている)臓器を優先順位でその人にあてがっていく中で、

必要な臓器がこの赤ちゃんに移植出来るようになった。

献体した人から取り出し、何時間もかかる各病院までヘリコプターで運搬し、

時間との闘いで命を繋ぐ・・・。

大切な人の身体はバラバラになりながらも、その人の一部がこの世の何処かで生きている。

命を貰ったその人がたとえどんな人だとしても。

 

常々考えて来たこれに関して、まだ気持ちはハッキリ割り切れていないが、

数本の糸は解けたのかな。

 

家庭教師のコーソー   学習アドバイザー    落合 信行

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

伝わる

こんにちは。 気が付くと、あっという間に緑色が黄色や赤色に衣装替えし、 それまでとは違う感動を与えてくれると共に、 来る冬

記事を読む

鮭の季節

今年もまた、村上市の三面川に鮭が遡上してくる時期になりました。 昨年も漁業の現場まで行き、獲れたての鮭を買ってきて、 家に帰って

記事を読む

ちょっとうれしいこと

ここ数カ月間、ガソリンの価格が連続で下がっています。 わたしの業種としては大変ありがたい限りです。 10年くらい前の話ですが、ガ

記事を読む

先日の大相撲春場所を振り返って

先日、大相撲春場所にて、横綱の稀勢の里が二場所連続の優勝を飾りました。 怪我をおして出場をしたにも関わらず、優勝したわけですから、感動

記事を読む

冬の悩み

かなり寒い日が続いてますが、皆さん体調はいかがでしょうか? 最近はインフルエンザも流行っているようで、先日お伺いした生徒さんの学年でも

記事を読む

高み

こんにちは、コーソーゴルフ担当目黒です。 先日の女子ゴルフ、バンテリンレディースオープンでアマチュアの勝みなみさんが優勝しました。15

記事を読む

好きな言葉

私の尊敬する先人に、山本五十六連合艦隊司令長官がいます。 五十六長官の人を動かす名言に、「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめ

記事を読む

こんにちは。 桜が満開でうっとりしながら眺めています。 本当に綺麗。大袈裟ではなく、「生きているんだな」の喜びが増幅します。

記事を読む

無責任

こんにちは。 その時の暑さや寒さなどは過ぎ去ってしまえばあっという間。 なので、その時その時を大切に、出来るだけ穏やかな心で自分

記事を読む

師走

激動の2014年もいよいよ師走を迎え、忘年会シーズンですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 昨夜は、『全日本歌唱選手権』で大いに盛り上

記事を読む

  • 平成10年10月1日に新潟市でうぶ声を上げ、以来、延べ10,000名以上の小中学生を指導し、成績向上のお手伝いをさせて頂いております。
    これからも地域に密着した指導を目指し、教育と言う新しい提言とサービスの向上を目指します。

    新潟本社 TEL : 025-240-8055
    秋田支店 TEL : 018-887-5439
    札幌支店 TEL : 011-751-5961

PAGE TOP ↑
ログイン