*

都合のいい言い訳

公開日::アポイントメント部

日本において賭博は刑法で賭博及び富くじに関する罪として禁じられており、

特別法で認められた公営ギャンブル等を除けば金銭を賭けた賭け事を実施することはできない。

 

先日、下記のような記事をインターネットで見かけた。

 

警視庁は、パチンコの標準的な遊技時間(4時間)に客が得られる”もうけ”の上限について、

現行の十数万円から5万円を下回るよう出玉規制を強化する方針を固めた。

スロットなどについても同水準に規制を強化する。

”もうけ”の上限を引き下げることで、負けた分を一度に取り戻そうとのめり込むリスクを減らすのが狙い。

今後、風営法施行規制などの一部改正案を公表し、一般から意見を募る。

 

おそらくカジノ法案が可決され、ギャンブル依存症患者が増えることを見据えてこのような規制が考えられたのであろう。

しかしここで私は「ん?おかしいぞ?」ということに気づいた。それは

警察庁は換金している事実など知らないと言っているくせに、なぜ儲けとか言うことができるのだろうか?

 

わかりやすく説明するとこうである。

 

日本で賭博が禁止されているのになぜパチンコ経営が合法でいられるのかは三店方式というからくりがあるからなのである。

 

三店方式とは以下の通りである。

 

まず、お客がパチンコ店から玉を貸してもらい出た玉をパチンコ店にレシートに変えてもらい、それをパチンコ店の景品カウンターで特殊景品(お金になる景品)と交換します。

 

ここで、レシートと現金を変えてしまってはアウト(違法)。

つまり、パチンコ店は玉を景品に変えているだけで、お客と直接現金のやり取りはしていないということ。

 

それをお客が換金所という第3の会社に持って行き、景品を現金化することで、パチンコ店は現金を出さずしてお客は現金を手にするという経緯になっております。

また、パチンコ店と換金所が同じ会社だと、それもアウト(違法)。

全く関係のない違う会社でなければなりません。

たまたま、パチンコ店の敷地内に、たまたま、まったく別の会社があるという偶然で、お客は手軽に景品を現金化できるということになっています。

(なんという都合のいい言い訳)

 

パチンコ店が出した特殊景品を、換金所が受け取るということは、パチンコ店の特殊景品はどんどん少なくなり、換金所にその特殊景品は移っていく訳なのですが、換金所はその景品を直接パチンコ店に返しません。

パチンコ店と換金所の取引にも、問屋が入ります。

特殊景品の売買が行われることで、単なる特殊景品の売買が成立しています。

 

つまりパチンコ店で遊ぶということは、法的にはお店から玉を借りて出た玉を景品と交換しているだけであって、ギャンブルではないのですよー。

というのが警視庁の言い分なのだが、上記の”もうけ”とは、もはやパチンコはギャンブルですよーと言っているのと同じなのである。

 

どこの世界にも自分のことしか考えない方たちがいるものである。

 

家庭教師のコーソー   アポイントメント部     目黒 学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

選手宣誓

宣誓 1915年8月、第1回全国中等学校優勝野球大会が始まりました。 それから100年間、高校野球は日本の歴史とともに歩んできま

記事を読む

怪我

先日、会社の階段をダッシュで駆け上がろうとした瞬間・・・ ッッッッッ!!! 衝撃的な痛みが左足を襲った。 おそらくこの瞬間

記事を読む

イニシエーションラブ

先日、イニシエーションラブという映画を観た。 最後の5分ですべてが覆るとはこういう事だったのかと感心させられました。 それにして

記事を読む

優雅な休日

昨日は年に2回の町内行事、下水掃除の日であった。 朝6時半からスタートだったので、普段遅めに起きる私としては少々厳しめ。 両親は

記事を読む

今年の抱負

皆さん、明けましておめでとうございます!   昨日まで行われていた2016年箱根駅伝も無事に終わり、 当初の私の

記事を読む

運動不足

おはようございます。 ホットジンジャーにハマる吉田です。   今朝は珍しく電車通勤をしてきました。 家から

記事を読む

以前にもブログで書きましたが、僕は夏が好きです。 夏の終わりはなんだかさみしくなるのは僕だけでしょうか? また来年元気に夏を迎え

記事を読む

2次元と3次元

今日が最後のブログになります、吉田です。 高校の時、とある国語の先生が離任式で次のようなお話をされていました。 「これまで通勤電

記事を読む

とあるラーメン屋で

先日の日曜日、久しぶりに友人達と 今まで行ったことのないラーメン屋に 夕食に出掛けた。   そこの店では山

記事を読む

桜の季節

毎年この時期になると 新聞や報道番組で学生の卒業式の話題が多くなります。 私は中学校を卒業してちょうど今年で10年目。 高

記事を読む

  • 平成10年10月1日に新潟市でうぶ声を上げ、以来、延べ10,000名以上の小中学生を指導し、成績向上のお手伝いをさせて頂いております。
    これからも地域に密着した指導を目指し、教育と言う新しい提言とサービスの向上を目指します。

    新潟本社 TEL : 025-240-8055
    秋田支店 TEL : 018-887-5439
    札幌支店 TEL : 011-751-5961

  • 2017年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑
ログイン