*

かぞく

公開日::教務課

 

今年は、オランダ,フランス,ドイツと、欧州の大国で大きな選挙が続くそうです。

いずれの国でも、排他的な極右政党やその候補が、かなりの支持を集めているとのこと。

 

台頭する極右政党は、いずれも特定の宗教とそれを信仰する人々全てを排斥しようという主張です。

ニコニコしながら、「●●人はクズだ、追い出せ」と主張する政治家を見ていると、めまいがしてきます。

 

しかし、右傾化はもはや止まりそうにありません。

選挙の結果を受けて、イギリスに続きEUを離れる国が出てくるでしょうし、大国が抜ければEU自体の存続も危ぶまれます。

 

 

奥田亜希子さん、「ファミリー・レス」という小説を読んでいます。

家族とも他人とも言えない微妙な関係性や心情が描かれていて、大変面白い作品です。

 

例えば、事故で亡くなった双子の妹夫妻の子どもと暮らす、双子の姉、

離婚により二ヶ月に一度しか会えない中学生の娘と、その父親、

痴呆によって顔も名前も覚えられない曾祖母と、ひ孫 というような、

一緒に暮らしているから家族、離れているから他人とは言い切れなくて、でも、かぞくってイイなと再確認できるような6つの短編集です。

 

 

私も、排他的な人間であるとは思います。

何の利害もなく、誰にでも分け隔てなく親切に、ガンディーのようにはなれません。

 

しかし、どこからが「他」、つまり、どこまでが「自」なのかも、重要ではありませんか。

私にとっては、やはり、家族・両親・近しい親戚が「自」の輪に入りますが、その輪郭はぼやっとしているかもしれません。

輪の内側の人は無償で慈しみますが、結局、自も他もあいまいで、自分以外は全て他なのかもしれません。

 

そうなると、初めの極右政党やアメリカ大統領の主張はどうでしょう。

信仰や人種の違う者を「他」として排除し終えたその後は、何か差異を見つけ出してはまた排除を進めるのでしょうか。

結果、自分が排除されないことを第一に考える不自由で、前時代的な社会になるのではないかと。

 

家族,他人という定義が一つではないと気づかされる「ファミリー・レス」を読んでいて、また、多様性を受け入れる時代の終わりを悲しく思う今日この頃です。

 

家庭教師のコーソー 教務課 イシイ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

夜道を歩く時は懐中電灯が必要!!

個人的には、あまり思い出したくない事なんですが……   去年の12月の中旬くらいに仕事で新潟県新○田市の奥地の方に行っ

記事を読む

たなばた

今日は七夕ですね。 一年で一度、織姫と彦星が出会う夜。 お空が晴れて、織姫と彦星が会える事を祈ります。 私も願い事を短冊に

記事を読む

禁煙より辛い事…

禁煙を始めて約4カ月。   煙草を吸わない事にもだいぶ慣れてきました。   ですが私には禁煙より

記事を読む

2日に1台は○○の車を目撃!?

最近、車を運転していたり、歩いていたりすると2日に1台くらいのペースですが車のサイドミラーを、たたんだ状態で走っている車を目撃します。

記事を読む

感性の扉

  ・23歳でファッション ・35歳で音楽 ・39歳で味覚   何のことかご存知でしょうか

記事を読む

1月31日

1月31日は「生命保険の日」です。 明治15年に心情病で急死した警部さんに、支払った保険料30円に対して 1000円の保険料が支

記事を読む

3月3日

今日は雛祭りの日と耳の日です。 あまりに月並みですね。 ちなみに月並みというのは「平凡でつまらない」という意味ですが もと

記事を読む

においの話

  義理の父は、石油ファンヒーターをつけた瞬間の「あのにおい」を極端に嫌っている。 つける前に大きめのビニール袋を手に

記事を読む

大変だった年末年始

年末に弟が心臓の病気で緊急入院しました。3週間の入院生活の後、先週末に退院できました。 関係者の皆様、ご心配をおかけしました。

記事を読む

「我ら、青春貴族!」

今年、最高のラジオ番組と言えばFM新潟で、毎週土曜日19時30分より放送されている「我ら、青春貴族!」です。 清野幹さんとカルロス茂吉

記事を読む

  • 平成10年10月1日に新潟市でうぶ声を上げ、以来、延べ10,000名以上の小中学生を指導し、成績向上のお手伝いをさせて頂いております。
    これからも地域に密着した指導を目指し、教育と言う新しい提言とサービスの向上を目指します。

    新潟本社 TEL : 025-240-8055
    秋田支店 TEL : 018-887-5439
    札幌支店 TEL : 011-751-5961

PAGE TOP ↑
ログイン