*

この世界の片隅に

公開日:: 最終更新日:2016/11/18教務課

 

ウツワのせまい私が言うのもなんですが、「多様性を受け入れられない社会に未来はない」と近頃よく考えます。

 

私自身、(好きなものは100%好き、嫌いなものは100%嫌い と書くとあまりに幼稚なので)、受け入れられる価値観は100%受け入れる、受け入れられない価値観は100%受け入れないという頑固ジジイのような思考回路で生きています。

それでも、受け入れられない価値観だからといって否定はしません。

「私にはちょっと合わないみたいだから他の道へまわってみます テヘヘ」という態度で、受け入れないリスクを背負うことからは逃げないようにしています。

 

 

中学校の公民の授業で「公共の福祉」を習ったときのことをよく覚えています。

 

個人の人権は何ものにも代えて守られなければならない一方で、それによって他者の人権を侵してはならない。

「誰かを中傷し、排除しようと叫ぶことも表現の自由だという人権」と「名誉や暮らしが守られる人権」は対立します。

それぞれが保障されるよう、公共の福祉によって制限されなければなりません。

当たり前のようですが、これが近代憲法の英知です。

 

 

人権と人権、自由と自由、利害と利害は、常に衝突します。

夕飯にカレーライスが食べたい妻と、寄せ鍋が食べたい私とのように。

 

国籍の違い、宗教の違い、人種の違い、思想の違い、性の違いがあれば尚のことです。

もちろん個人だけでなく団体と団体も同じように対立し、解決手段がなければ争いや暴力を生みます。

公共の福祉で考え、多様性を受け入れなければ未来はありません。

また悲惨な歴史のくり返しです。

 

 

近年、移民の流入により、ヨーロッパでは極右政党が躍進し、イギリスがEUを離脱しました。

アメリカでは、多様化を恐れる大衆がポピュリストを大統領にしました。

この欧米の激動は、多様性時代への過渡期であると考えるべきです。

少数派を受け入れる時代が来るか、ぶつかり合いの後に受け入れざるを得ない時代のどちらかが来るでしょう。

 

 

映画「この世界の片隅に」を観てきました。

上映館も少なめで、主演キャストが芸能界から干されている(らしい)ことでテレビなどでは全く取り上げられていません(邪推?)が、大変すばらしい作品です。

戦争映画が不得意な私でも、しっかり受け止めることができました。

 

この映画の見せる戦争と、その中で暮らす主人公。

芸能界という閉じた世界と、干された(らしい)女優。

選挙戦略としてヘイトを煽った富豪と、本気で信じている保守派市民。

 

多様性を受け入れられない社会の歪みは、思想も利権も関係のない市民にいつもぶつけられている。

「この世界の片隅に」を観ていて感じたこと。

 

家庭教師のコーソー イシイ

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

お義父さんと呼ばせて

今回はお気に入りのテレビドラマのお話です。 主人公は二人の中年男性。(共に51歳)   一人は独身で結婚からは縁

記事を読む

「我ら、青春貴族!」

今年、最高のラジオ番組と言えばFM新潟で、毎週土曜日19時30分より放送されている「我ら、青春貴族!」です。 清野幹さんとカルロス茂吉

記事を読む

私が新潟に来て約10年間車の無い生活をしていました。 特に不便を感じることはありませんでしたが、先日車を購入しました。 特に休日

記事を読む

真昼のリクエスト

身内でも人を車に乗せる時はラジオをかける。CDリストから音楽を流して、日本語の歌にでもなったりすると「こんな<思い>の歌聴いているんだ~」と

記事を読む

鯛という漢字

魚偏の漢字はそれぞれの魚の性質を言い当てていて、とても興味深い。 すぐ弱くなるので鰯。鰹節になると堅くなるので鰹。 私は魚釣りが

記事を読む

Hot springs

実家の両親も誘って、先週月岡温泉に行って来ました。 温泉から家に戻って、「あーすっかり疲れがとれた~」と 一度も感じた事が無いの

記事を読む

夏休みの学習

来週から夏休みが始まります。中学3年生の皆さん、それぞれの課題に向けてじっくり取り組めるチャンスですね。 夏休みに何とかしておきたい方

記事を読む

突然の訪問者

先日の早朝、玄関前が騒がしかった。 母親に聞くと黒いものがサッと動いたとの事。 次の日遅く起きると、親が買い物から帰っていた。

記事を読む

来年も

年内中は皆様大変お世話になりました。 来年もよろしくお願い致します。 皆様に幸せで健康な1年が訪れますよう、お祈り申し上げます。

記事を読む

高校野球のはなし

  明日の甲子園第一試合、新潟県代表の日本文理はベスト8をかけて富山商業と対戦する。 これは6月の春季北信越大会決勝と

記事を読む

  • 平成10年10月1日に新潟市でうぶ声を上げ、以来、延べ10,000名以上の小中学生を指導し、成績向上のお手伝いをさせて頂いております。
    これからも地域に密着した指導を目指し、教育と言う新しい提言とサービスの向上を目指します。

    新潟本社 TEL : 025-240-8055
    秋田支店 TEL : 018-887-5439
    札幌支店 TEL : 011-751-5961

PAGE TOP ↑
ログイン