*

涙もろさのはなし

公開日:: 最終更新日:2015/09/29教務課

 

以前、映画や結婚式、お葬式では泣けないのに、スポーツに関することでは心が揺さぶられ、涙が止まらなくなることが多いというブログを書きました。

→ 高校野球のはなし

 

 

開催中のラグビーワールドカップ、南アフリカと日本の試合はご覧になりましたでしょうか?

私は翌朝からくり返し試合を観て、一日中泣いていました。

 

 

家族からも気持ち悪いと罵られる、この「スポーツ限定の涙もろさ」がどういうメカニズムなのか、これまでうまく説明できませんでした。

 

今回のようにスポーツ史に残るような大試合だから感動するというわけでもありません。

上のブログでも書いた通り、高校野球の地方予選の何でもない1シーンでも泣いてしまうのです。

 

 

 

南ア戦で私の涙腺を決壊させたのは、観客と選手の表情でした。

 

試合開始前、カメラに映る観客は皆ニコニコとしています。

南アのファン、中立のラグビーファン、そして日本を応援しているファンでさえ、会場の観客は一人たりとも日本が南アフリカに勝つことなど予想も期待もしていません。

必勝と書かれたハチマキを巻いた日本人もいますが、おどけているだけで本気で勝つとは思っていなかったでしょう。

「せめて接戦が観れたら」「初戦から100点取られるような大敗は痛い」ということを考えていたかもしれません。(少なくとも私は)

 

 

日本が先制点を挙げたときも、それは変わりませんでした。

日本のファンは「喜べるのは今だけだ」と言わんばかりに、おどけた表情でカメラにアピールしていますし、南アのファンや中立の観客は、余裕の表情で(にやにやしている人も多い)拍手を送っていました。

 

 

しかし、日本の選手だけは表情が違います。

くり返し試合を見ているとよく分かるのですが、試合開始前から終了の瞬間まで、全員が勝つことを信じて疑わない目をしています。

 

 

結果はみなさんご存知の通り。

ラグビー史上どころか、スポーツ史上でも最大の番狂わせという試合になりました。

 

試合が進むにつれて日本のファンの表情は、「大敗はなさそうだ」→「イイところまでいくんじゃないか」→「ひょっとして」→「信じられない」→「・・・」と変わります。

南アのファンの表情は、「日本もなかなかやるじゃない」→「良いゲームが観られた」→「あれ?また追いつかれた」→「まさか」→「・・・」

 

一方、応援してくれているファンでさえ勝つことを期待していない中で、一貫して勝利を信じてやまない日本選手の表情。

 

 

普段の自分はずるいことも考えるし、卑怯なこともする。

スポーツを通して、まっすぐに打算なく行動している人を見て、私は心を揺さぶられて泣いてしまうんだなと気づいた次第です。

 

 

家庭教師のコーソー  教務課  イシイ

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

TO THE CORE

  食べるものにしても、着るものにしても普通なものを好むようになった。   特に驚きのない普通の家庭料

記事を読む

ゾウガメ脱走。

先日、岡山県の動物園から大きなゾウガメが脱走したらしい。   脱走した直後は、のろまな亀だけにすぐ見つかると思われてい

記事を読む

Hot springs

実家の両親も誘って、先週月岡温泉に行って来ました。 温泉から家に戻って、「あーすっかり疲れがとれた~」と 一度も感じた事が無いの

記事を読む

進撃の巨人

紅蓮の弓矢・自由の翼・美しき残酷な世界・great.escape皆さんご存知ですか? 先週、歌姫さんから借りたDVD26話を見終わり、

記事を読む

軽い気持ちでペットショップに行くと…

先日、妻と仲良くペットショップに行きました。   愛犬のご飯を買うついでに可愛い子犬たちを見る為です。 &nbs

記事を読む

ドイツで命を見守る助産師

昨日、テレビ新潟の「夕方ワイド新潟一番・世界で夢をつかめ」というコーナーで愛娘・彩織(27歳)の特集が放送されました。 9年前、一人で

記事を読む

バラエティー番組の勉強法

効果的な勉強方法についてのTVを時々見ます。夜明けから勉強すると効果があるとか、「覚えたいのなら書くな」等バラエティー番組としてインパクトの

記事を読む

お金のはなし2

  約半年前に、お金のはなしという記事を書きました。 1年間、プリペイド式の電子マネー中心に、現金を出来るだけ持たない

記事を読む

黒鯛シーズンは来ているか?

5月は一年の内、一番釣れる時期と言われますが、今年の黒鯛は未だ時期ではない様でした。 ある日の堤防での釣り。 隣では地元のお父さ

記事を読む

サクラサケ!

新潟県の公立高校入試まで一ヶ月を切りました。 受験生の方は一問でも多く解けるように頑張っていることと思います。 受験生にとって辛

記事を読む

  • 平成10年10月1日に新潟市でうぶ声を上げ、以来、延べ10,000名以上の小中学生を指導し、成績向上のお手伝いをさせて頂いております。
    これからも地域に密着した指導を目指し、教育と言う新しい提言とサービスの向上を目指します。

    新潟本社 TEL : 025-240-8055
    秋田支店 TEL : 018-887-5439
    札幌支店 TEL : 011-751-5961

PAGE TOP ↑
ログイン