*

情報のはなし

公開日::教務課

 

ミッドライフ・クライシスという言葉をご存知でしょうか?

 

日本語にすると、「中年・危機」ですかね。

30代後半から40代にかけて、これまでの人生の価値観に疑問を抱くようになり、

「俺は本当にこのままでいいのだろうか?」と悩む葛藤を指すのだそうです。

 

 

 

私は知識欲が強い方だと思いますが、知らなくて良いことや知りたくないことがたくさんあるということもよく分かっているつもりです。

 

あまりテレビを観ないのも、SNSを使っていないのも、知りたくもない情報を遮断したいからです。

例えば、食事中に誰かが亡くなったとか、誰かが逮捕されたとか、みなさん知りたいですか?

あと、友人が今日旨いものを食べたとかもどうでもいいです。

 

 

 

昨今、外を歩いていても情報過多を感じることが多くなりました。

すき間があれば、情報があふれています。

→ こういうこと:http://matome.naver.jp/odai/2142252184362744701

 

この異常な情報過多は、「みんなと同じでいたい」という日本人気質がもたらしているという分析があります。

わからないことや知らないことが減れば、不安がなくなるという心理かもしれません。

 

まして、TwitterやFBなどのSNSやスマートフォンの普及によって、四六時中情報に囲まれ、刺激されている状態は、自分と他人を比べ、自分を否定することにつながるのではないでしょうか。

 

これは、ミッドライフ・クライシスの悪い面を助長するような気がします。

悩むこと自体は必然で正常だと思いますが、他人と比べてどうこうというのは良くないですよね。

 

 

私も取捨選択をしながら生きていて、毎日何かを得て、何かを捨てています。

また、情報は一つの側面で、すべての事実を真理を表しているわけではないことも心得たいと思います。

 

四十にして惑わずとなりたいですね。

 

家庭教師のコーソー 教務課 石井(34)

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

11月27日

今日は1895年にスウェーデンの化学者ノーベルが、 自らの発明したダイナマイトで得た富を、人類に貢献した人に 与えたいと遺言を書

記事を読む

3秒ルール

落としても食べられる時間の話ではありません。 「うちの子はわからなくても、家庭教師の先生に質問できないと思うんです。大丈夫でしょうか?

記事を読む

新年

新年明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い致します。 昨年も色々な事が有りましたが、今年も色々な事が有ると思います

記事を読む

クイズ

感謝=27 病気=36 では時計はいくつになるでしょう?   家庭教師のコーソー    教務課    天江

記事を読む

フレッシュマン

この春に御入学される方、社会に出られる方、おめでとうございます。 新しい学校、新しい服にフレッシュな気持ちになられていると思います。

記事を読む

私が新潟に来て約10年間車の無い生活をしていました。 特に不便を感じることはありませんでしたが、先日車を購入しました。 特に休日

記事を読む

夜道を歩く時は懐中電灯が必要!!

個人的には、あまり思い出したくない事なんですが……   去年の12月の中旬くらいに仕事で新潟県新○田市の奥地の方に行っ

記事を読む

エゾノー

大蝦夷農業高等学校(通称:エゾノー)をご存知ですか? 高校としては日本一の広大な敷地面積を持ち、動物と自然に囲まれ、1年生の間は全寮制

記事を読む

荒川 アンダー ザ ブリッジ

最近はまってる漫画が、中村光の「荒川 アンダー ザ ブリッジ」です。 主人公リクが荒川の橋下で常識から外れた住人として暮らすアニメです

記事を読む

感性の扉

  ・23歳でファッション ・35歳で音楽 ・39歳で味覚   何のことかご存知でしょうか

記事を読む

  • 平成10年10月1日に新潟市でうぶ声を上げ、以来、延べ10,000名以上の小中学生を指導し、成績向上のお手伝いをさせて頂いております。
    これからも地域に密着した指導を目指し、教育と言う新しい提言とサービスの向上を目指します。

    新潟本社 TEL : 025-240-8055
    秋田支店 TEL : 018-887-5439
    札幌支店 TEL : 011-751-5961

PAGE TOP ↑
ログイン